容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

「【TVスクエア】BS新チャンネルDlife「リベンジ」 エミリー・ヴァンキャンプさんインタビュー」:イザ!

  1. 2012/06/30(土) 06:49:19|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
《真田広之さんの次は渡辺謙さんと一緒に》俳優、真田広之も出演している話題の米ドラマ「リベンジ」が、BS新チャンネル「Dlife(ディーライフ)」(BS258、無料)で日本初放送されている。主演はカナダ女優のエミリー・ヴァンキャンプ(26)。ドラマPRのため初来日した際、真田らと鏡開きなどを楽しんだが、復讐劇が描かれたドラマの中のエミリーは、それはすごみのある演技を披露している。次世代を担うであろう彼女に話を聞いた。■狂気の役柄理解「ある意味、クレイジーな女性で役作りには時間がかかりました。どうしてそういう行動を起こすのか、行動学のような本も読みましたね。特に『巌窟王モンテ・クリスト伯』で復讐に至る動機などを学びました。彼女の背景はちゃんと理解したつもりです」謎めいた主人公、エミリー・ソーンが父親を、そして家族を崩壊させた者たちをジリジリと追い詰めていく究極の復讐劇。たくらんでいる目、不敵な笑み…エミリーは見事な悪女ぶりを作り上げている。そんな悪女にひかれる男性も多いだろう。「私は男性じゃないのでわからないけど」とほほえみ、「私は役をもらったとき、難しくてもできないと決めつけないで可能性に近づく努力をします」と少し胸を張った。

関連ニュース

「トヨエツに抱っこされ“愛娘”愛菜ちゃんご機嫌」:イザ!
「三谷映画、初時代劇「清須会議」で天下獲り!」:イザ!
「【シネクラブ】「きっと ここが帰る場所」 老いと若さ混在する姿が美しい」:イザ!

アニソン一覧

「アツすぎる米戦闘映画が日本へ 現役特殊隊員が出演&実弾使用」:イザ!

  1. 2012/06/29(金) 04:49:22|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
武器、戦術、装備、現役隊員とすべて本物の硬派な米戦闘映画「ネイビーシールズ」が22日の封切りから3日間で、全国53館で興行収入3303万円、2万4845人の動員を記録。男性ファンを中心に好調なスタートを切った。映画は、『レッド・オクトーバーを追え!』や『今そこにある危機』の作者として知られる作家、トム・クランシーが企画協力・監修し、全米では初登場1位となった。ところが、有名な俳優は誰1人出演していない。それどころか、職業俳優の出演はゼロ。オサマ・ビンラディン殺害作戦を行ったネイビーシールズ(米海軍特殊部隊)の現役隊員そのものが出演している。本物は人間だけでなく、銃、ハイテク兵器、戦闘機、潜水艦などすべてにわたる。「撮影は実弾を使用。出演者が持っているし、軍からも提供を受けたので無料だったようだ」と日本の配給関係者は明かす。ドキュメンタリーではなく、ストーリーはある。拉致されたCIAエージェントを奪還すべく、ネイビーシールズがコスタリカに潜入。任務は無事に完了したが、そこで入手した携帯電話から、米本土を狙った大規模なテロ計画が発覚。危険極まりない任務が隊員たちに命じられる。フィクションではあるが、「アクションシーンはシールズ隊員が構成した」(映画スタッフ)といい現実さながらの臨場感だ。

関連ニュース

「三谷映画、初時代劇「清須会議」で天下獲り!」:イザ!
「スパイダーマン“苦も”なく!?投げた」:イザ!
「【ART CAFE】覆面姿で抗議」:イザ!

ポイントサイトの一覧

「株主優待が復調 「地震リスク診断」券も」:イザ!

  1. 2012/06/28(木) 04:49:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
長引く株式市場の低迷を背景に、国内の個人投資家を安定株主に育てようと、株主優待制度を導入する企業が増えている。28日には3月期決算企業の株主総会がピークを迎えるが、今年の実施企業は5月末時点で昨年よりも11社多い1031社で、上場企業数に占める割合は27・4%で過去最高に達した。株主優待は企業が自社の株主に、自社製品や商品券などを「優待品」として提供する制度で、海外ではほとんど例がない。保有株の値下がりを嫌がり、親密な企業との株式持ち合いが崩れる中で、魅力のある優待で、「受け皿」になる国内の個人投資家を増やす狙いがある。富士フイルムホールディングスは今年4月、初めて優待制度を導入した。例えば、100株を保有していれば、化粧品のサンプルがもらえたり、市販価格より安く購入できたりする。国内の上場企業は、株主の3割弱を外国人投資家が占める。同社の場合も外国人の株主比率が36%と高く、「国内の個人投資家にもっと株を保有してもらいたい」と話す。成長事業に位置づける化粧品で、宣伝効果にもつなげる考えだ。百貨店の大丸と松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングは、長期保有者向けの優待を5月に追加した。傘下の店舗で買い物をすれば、一定額を限度に10%が割り引かれ、保有期間が3年以上なら限度額がさらに引き上げられる。今年はアシックスやロート製薬も、長期保有者向けのメニューを取り入れた。

関連ニュース

「英大手銀に罰金360億円 指標不正操作で英米当局」:イザ!
電力で先物取引…経産省が提案
ムーディーズ、オランダ5行格下げ

オンライン書店一覧比較

トーマス・ドルビー再び

  1. 2012/06/27(水) 02:49:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
80年代の親しみやすさ健在写真・山路ゆか 1980年代に「彼女はサイエンス」などをヒットさせ、エレクトロ・ポップの旗手となった英国出身のトーマス・ドルビー=写真=が、「Live in Tokyo 2012」(Meguro)を発表した。 今年2月にブルーノート東京で行われた公演を、CDとDVDに収録したアルバムだ。流麗なメロディーにノリのよいビート、そして刺激的なシンセサイザーの音が飛び出す80年代的サウンドが楽しめる。 ステージでも披露された「FIELD WORK」は坂本龍一との共作曲。日本との縁はあるが、ライブは今回が初めてだった。約20年間、音楽業界から離れ、IT関連会社を運営していたからだ。「音楽はずっと恋しかったけど、会社が思いのほか、大きくなってしまったんだ」 80年代には自らヒット曲を飛ばす一方、大物シンガー・ソングライターのジョニ・ミッチェルらをプロデュースした。なぜ業界から離れたのか。「90年代、レコード会社は巨大で強欲になっていった。これではダメになると思った。もともと新しいことに挑戦するのは好きだし、ITの可能性にかけたんだ」。その仕事が一段落したため、音楽に舞い戻ってきたという。 本格的なカムバック作となった昨年のアルバム「A Map of the Floating City」(輸入盤)には、エレクトロ・ポップだけでなく、フォークやカントリーを思わせる曲も。もともとメロディー作りには定評があり、親しみやすさは健在だ。「米国で生活し、伝統的な音楽に影響を受けた。音楽で大切なのは技術じゃなくて、感情や想像力なんだよ」(2012年6月14日読売新聞)

関連ニュース

英国のバンド、22―20sが新作
ボビー・ウーマック新作
パリ祭 たゆまず半世紀

テレビアニメリスト

英国のバンド、22―20sが新作

  1. 2012/06/26(火) 00:49:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
Array

DTIブログって?

次のページ