容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

「アツすぎる米戦闘映画が日本へ 現役特殊隊員が出演&実弾使用」:イザ!

  1. 2012/06/29(金) 04:49:22|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
武器、戦術、装備、現役隊員とすべて本物の硬派な米戦闘映画「ネイビーシールズ」が22日の封切りから3日間で、全国53館で興行収入3303万円、2万4845人の動員を記録。男性ファンを中心に好調なスタートを切った。映画は、『レッド・オクトーバーを追え!』や『今そこにある危機』の作者として知られる作家、トム・クランシーが企画協力・監修し、全米では初登場1位となった。ところが、有名な俳優は誰1人出演していない。それどころか、職業俳優の出演はゼロ。オサマ・ビンラディン殺害作戦を行ったネイビーシールズ(米海軍特殊部隊)の現役隊員そのものが出演している。本物は人間だけでなく、銃、ハイテク兵器、戦闘機、潜水艦などすべてにわたる。「撮影は実弾を使用。出演者が持っているし、軍からも提供を受けたので無料だったようだ」と日本の配給関係者は明かす。ドキュメンタリーではなく、ストーリーはある。拉致されたCIAエージェントを奪還すべく、ネイビーシールズがコスタリカに潜入。任務は無事に完了したが、そこで入手した携帯電話から、米本土を狙った大規模なテロ計画が発覚。危険極まりない任務が隊員たちに命じられる。フィクションではあるが、「アクションシーンはシールズ隊員が構成した」(映画スタッフ)といい現実さながらの臨場感だ。

関連ニュース

「三谷映画、初時代劇「清須会議」で天下獲り!」:イザ!
「スパイダーマン“苦も”なく!?投げた」:イザ!
「【ART CAFE】覆面姿で抗議」:イザ!

ポイントサイトの一覧

DTIブログって?