容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

復活の丸山「身引き締め」、沢「最後の五輪か」

  1. 2012/07/04(水) 10:49:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
祝福の花束を両手に笑顔の丸山選手 病気とけがに苦しんだ2人のなでしこが、ロンドン五輪の舞台に立つ。 2日発表されたサッカーの日本女子代表(なでしこジャパン)メンバーに選ばれたMF沢穂希(ほまれ)(33)(INAC(アイナック)神戸)とFW丸山桂里奈(かりな)(29)(大阪高槻)両選手。ともに昨夏のワールドカップ(W杯)ドイツ大会で初優勝に貢献したが、今年は万全の状態ではなかった。 「年齢的にも最後の五輪になるかも」。代表入りを受け、沢選手は4度目となる五輪への覚悟を語った。 2011年の女子世界最優秀選手に輝いて幕を開けた五輪イヤー。しかし、2〜3月の国際大会中に体調を崩し、「良性発作性頭位めまい症」と診断された。6月にようやく代表復帰したが、本調子には遠く、「(代表入りは)正直不安だった」。だが、選ばれた以上、もう前へ進むしかない。「集大成として結果にこだわり、どの色でも良いのでメダルを取りたい」と五輪での完全復活を誓う。 大阪府内で記者会見した丸山選手。代表発表で名前が呼ばれた時は、「うれしいと同時に身の引き締まる思いがした」と話した。 昨年9月の五輪アジア最終予選で右膝に大けが。「五輪までまだ10か月ある。間に合うと思って手術した」。地道にトレーニングを続け、「選手として、人間として強くなれた」。(2012年7月3日08時49分読売新聞)

関連ニュース

清武・宇佐美ら選出、宮市外れる…五輪代表
マンU・香川の背番号が26に決定
マンU・香川の背番号が26に決定

現金化 比較

DTIブログって?