容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

仏、増税受け入れに素地

  1. 2012/03/31(土) 22:49:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
軽減税率で低所得者配慮 フランスのサルコジ大統領が29日、付加価値税(VAT、日本の消費税に相当)の標準税率を21・2%に引き上げる方針を発表したのは、消費増税論議が難航する日本と異なり、付加価値増税を国民が受け入れやすい素地があるためだ。 現在、フランスのVATの標準税率は19・6%で、10月から1・6ポイント引き上げる方針だ。 欧州では、VATの標準税率はアイスランドが25・5%、スウェーデン25%、英国20%など、10%台後半から25%前後がほとんどだ。 また、フランスは標準税率のほかに生活必需品などの税率を低くする軽減税率を3段階設けて低所得者に配慮し、国民の負担感が大きくなり過ぎないようにしている。具体的には、新聞などが2・1%、食料品などが5・5%、外食サービスなどが7%だ。標準税率を引き上げた後も、軽減税率は据え置く方針だ。 税率引き上げには日本と同様、法改正が必要だが、欧州では「VATの増税目的がきちんと説明されれば、納税者の理解は比較的得られやすい」(財務省主税局)という。(有泉聡)(2012年3月31日読売新聞)

関連ニュース

世界の緩和マネー 流入…社債 復調
日銀3月短観 11社改善予測
「ラブプラスの彼女と読書できる文庫本発売」:イザ!

ネット収入一覧

<<  「「宇宙戦艦ヤマト」演出の石黒昇氏死去」:イザ!  |  ホーム  |  「街の映画館「タナベキネマ」55年の歴史静かに閉幕」:イザ!  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuke7659.dtiblog.com/tb.php/136-5f2af376

DTIブログって?