容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

「街の映画館「タナベキネマ」55年の歴史静かに閉幕」:イザ!

  1. 2012/04/02(月) 00:49:20|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
大阪市東住吉区の映画館「タナベキネマ」が3月31日で閉館する。小さな“街の映画館”だが、常連客からは「寂しい」との声も上がる。映画配給のデジタル化が進むなか、新たな設備資金を捻出できず、55年の歴史に幕を閉じることになった。同じ運営会社「大弥(だいや)」(同市中央区)の映画館「天六ユーラク座」(同市北区)も30日に閉館する。タナベキネマは昭和32年に開館。スクリーン1つ100席だけの映画館だ。公開から時間がたった邦画や洋画を2本立てで上映することが多く、大人1200円の入場券1枚で2本の映画を観賞でき、地元の映画ファンが多く集まった。支配人を務める岡秀生さん(55)は27年間、同館で映画上映に携わっている。「寂しいはずなのに、まだ実感がわかない」と岡さん。数年前からデジタル化が急速に進行し、35ミリフィルムで配給される作品が少なくなり、1台1千万円前後する映写機を入れ替えることができず、やむなく閉館になったという。近くに住み月2回ペースで20年以上通う椋本正利さん(52)は「1人になりたいときによく来た。行くところが無くなってしまう」と話した。最後の上映は31日午後2時55分から。岡さんは「最後まで気を抜かずに楽しんでもらう。涙はその後です」と語った。

関連ニュース

「【正論】文芸批評家、都留文科大学教授・新保祐司」:イザ!
「大フィル音楽監督、大植英次さんがお別れコンサート」:イザ!
「愛菜「ずっとずっとトモダチ」 歌とダンス披露」:イザ!

ネット広告一覧比較

<<   仏、増税受け入れに素地   |  ホーム  |  「新大関、鶴竜の口上は「お客さまに喜んでもらえる相撲を」」:イザ!  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuke7659.dtiblog.com/tb.php/137-39850908

DTIブログって?