容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

「真木よう子「役の一番の理解者でありたい」」:イザ!

  1. 2012/05/28(月) 16:49:22|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
“日本のCIA”とも呼ばれる警視庁公安部外事課、人呼んで“外事警察”。その知られざる世界を描き話題を呼んだドラマが、『外事警察その男に騙されるな』(堀切園健太郎監督、6月2日公開)として映画になる。物語の鍵を握る“協力者”を演じるのは、ドラマ「運命の人」でのインパクトも記憶に新しい、女優・真木よう子。この“協力者”には何かがある…!日本に潜入したテロリストに立ち向かうため、ときには法すれすれの行動も辞さない陰の組織・外事警察。その常套手段の1つが、ターゲットの情報を得るため、一般人の弱みを握り“協力者”に仕立て上げること。そしてまたここに1人、協力者に仕立てられ大きく運命を変える女性がいる…。今回、真木が演じるのは、テロ容疑をかけられた夫のスパイを強要される一般人女性・奥田果織。外事警察によって“ある秘密”を暴かれたあげく、幼い娘まで危険にさらしてしまうという、重い運命を背負った役どころだが…。「でも今回の役は、そこまで辛くは無かったんです。それは、果織が過去の過ちを抱え込んでいるだけの人物ではなかったからだと思います。決して心地よい役ではないですが、役の中で発散できていたので、役を引きずって家に帰るということは全く無かったですね。ただ、常にテンションが高い役だったので、毎回現場に行ってゼロから上げるより、家に帰らずにずっと果織でいたほうがもっと良いものが撮れるんじゃないか、と思ったことはありました(笑)」

関連ニュース

「【シネクラブ】「MY HOUSE」 堤幸彦監督インタビュー」:イザ!
「日テレ「クレオパトラな女たち」も第8話で終了」:イザ!
「まさみと青空とカルピス!新CM6・1から」:イザ!

薬剤師の求人サイト

<<   スカイツリー関連株、軒並み上昇   |  ホーム  |  「鼻差の2着にフェノーメノ蛯名騎手「悔しすぎる」 日本ダービー」:イザ!  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuke7659.dtiblog.com/tb.php/191-24412361

DTIブログって?